雨の日の運転も快適! PIAA 超強力シリコート撥水ワイパー

雨の日の運転も快適! PIAA 超強力シリコート撥水ワイパー

雨の日は運転がしづらいこともありますが、そのほとんどは視界の悪さが原因ではないでしょうか。

今回はフロントガラスを手軽に撥水できる、撥水ワイパーを紹介していきます。

フロントガラスを撥水すると視界がよくなって、雨の日の運転がとても楽になります。

フロントガラスの撥水

フロントガラスを撥水する方法は、撥水ワイパーを使う以外にも、ガラコのように自分で塗るものや、ディーラーや専門店で施工する方法などがあります。

自分で塗るものは、手軽な反面、定期的に塗る必要があったり、専門店で施工するものは多少コストかかってしまいますね。

ワイパーによる撥水

撥水ワイパーのメリットとして、交換後は塗り直す必要もなく、ゴムがダメになるまで効果が続くので、僕のようにめんどくさがりな人や、時間のない方におすすめです。ゴムだけの交換であれば、それほどコストもかかりません。

撥水ワイパーのデメリット

撥水ワイパーのデメリットとして考えられるのは、ワイパーの払拭範囲外は撥水しないことだと思いますが、特に気になることはありません。

PIAA 超強力シリコート

PIAA 超強力シリコート 撥水ワイパー

撥水ワイパーは、いくつかのメーカーから発売されていますが、僕はいつも、PIAAの超強力シリコートを使っています。

シリコンを配合したゴムの効果で撥水して、雨をはじいてくれます。

ワイパー交換の種類

ワイパーの交換は、ブレードごと交換する方法とゴムだけ交換する方法があります。

ブレードにサビなどの劣化がなければ、ゴムだけ交換すれば十分です。

その他に、エアロ形状のエアロヴォーグというブレードもあります。スッキリしたイメージになるので、ブレードごと交換する場合はこちらもおすすめです。

ワイパーや、替えゴムのサイズは車ごとに違うので、適合情報を確認して合ったものを選んでください。

参考 適合情報同意書|PIAAPIAA株式会社
MEMO
ブレードごと交換すると、ゴムの形状が純正と変わる場合があるので、また次にゴムだけ替えるときは適合に注意してください。

ワイパーゴム交換方法

簡単にワイパーの交換方法を紹介します。慣れればなんでもない作業です。

アームを立てて、ブレードを外す
ワイパーゴムの交換方法

ブレードを固定しているクリップにストッパーがあるので、ストッパーを押しながらスライドするとブレードが外れます。

ブレードごと交換する場合は、新しいワイパーに付け替えれば完了です。

アームを倒しておく
ワイパーゴムの交換方法

ブレードを外したら、アームはそっと倒しておきましょう。ガラスとの間に布を挟んでおくと完璧です。不意にブレードが倒れてガラスにキズがつくと悲しくなります。

ブレードからゴムを外す
ワイパーゴムの交換方法

ワイパーゴムの片側にはストッパーの穴があり、ブレードのツメと固定されているので、引き抜いて外します。

新しいゴムを付ける
ワイパーゴムの交換方法

外したときと同じ方向からゴムを取り付けます。ストッパーがある方が、車両に取り付けたときに下側になります。方向を間違えると、ワイパーを動かしたときに遠心力で飛んで行ってしまうかもしれません。

他のツメもゴムの溝とズレていないか確認しておきましょう。

完成
アームに取り付ける

ブレードをアームに付けたら完成です。

撥水コーティング

交換が済んだら、ガラスが乾いた状態でワイパーを5分間作動させ撥水コーティングします。

砂埃などがあるとキズの原因になるので、乾拭きの前にガラスはキレイにしておきましょう。

コーティングが終わると、雨を弾くようになります。

PIAA 超強力シリコート 撥水ワイパー

油膜がひどい場合は

フロントガラスの油膜がひどいと、きれいに撥水しないこともあります。そんなときは、一度、油膜を落としてあげれば大丈夫です。

プロスタッフ キイロビン 油膜落とし

油膜を取るときは、定番のキイロビンを愛用しています。

キイロビンゴールドや、クイックマジックゴールドなど、少し高価なものもありますが、スタンダードなキイロビンでも十分キレイに油膜を落とすことができると思います。

リツくん

油膜を落としたらすぐに撥水コーティングをしましょう。

さいごに

PIAA 超強力シリコート 撥水ワイパー

フロントガラスの視界がよくなると、雨の日の運転がとても楽になります。

撥水ワイパーは、基本的にノーメンテで撥水効果が続くので、時間のない方におすすめです。

フロントガラスの撥水を1度もしたことがなければ、ガラコのような撥水剤を試してみるのもよいと思います。

リツくん

雨の日も安全に快適なドライブを!