ポータブル電源 SmartTap PowerArQ miniの紹介

SmartTap PowerArQ mini

僕は普段、車中泊をするときは、ポータブル電源を使っています。今回は、新しく購入した、PowerArQ miniが想像以上に良かったので紹介していきます。

ポータブル電源は、車の中だけでなく、家やキャンプ場など、どこへでも持ち運べて手軽に使えるのも良いところですね。

PowerArQ miniのスペック

SmartTap PowerArQ mini
サイズ約W230xH200xD135mm (実測)
重量3.5kg
容量311Wh / 86,400mAh
出力ACx1 100V 60Hz 200W (ピーク400W)
DCシガーx1 13.3V 10A
USB-Ax2
付属品ACアダプタ、シガーソケットケーブル、MC4ケーブル

PowerArQ miniは、小型のポータブル電源です。しっかりしたハンドルが付いていることもあって、持ち運ぶときも重さはほとんど気になりません。

小型ですが、バッテリー容量は311Whあります。Whは1時間当たりの消費電力量なので、単純計算で、100Wの消費電力で3時間、50Wだと大体6時間使えるくらいの容量です。実際には変換効率やロスがあるので、8割ほどに落ちると思います。

スマホやカメラ、パソコンやモバイルバッテリーの充電、扇風機や照明など使う分には、十分な容量です。

PowerArQ miniの良い点

消費電力の表示

実際に使ってみて便利に感じたのは、使用中の消費電力が表示される点です。最近では当たり前なのかもしれませんが、前に使っていた機種ではこの機能はありませんでした。

SmartTap PowerArQ mini と扇風機

小型の扇風機をつないでみたところ、18Wの消費電力でした。

あくまでも目安ですが、消費電力が分かると、バッテリーの残量から残りの駆動時間が計算できて便利です。

液晶バックライトの消灯

車内でポータブル電源を使う時に、液晶表示が明るいと意外と目障りに感じることがあります。Power ArQ miniの液晶は、操作時にバックライトが点灯し、その後15秒程で消灯します。

SmartTap PowerArQ mini 液晶表示

バックライトが消えるだけで、使用中は液晶表示は点いたままなので、日中であれば近づいて確認することができます。DISPLAYボタンを押せば、バックライトが15秒程点灯します。

SmartTap PowerArQ mini インジケータ

使用時には、各出力のボタンがグリーンに点灯するので、電源が入っているのか分からないということもありません。明るさも程よい明るさです。

SmartTap PowerArQ mini 充電ランプ

充電時はブルーのLEDが点灯します。

充電ケーブルの付属

1泊2日程度であれば、車内で充電することはあまりないですが、長期で旅行するときは、走行中に充電する必要がでてきます。

SmartTap PowerArQ mini シガーケーブル MC4ケーブル

PowerArQ miniは、シガーソケットの充電ケーブルが付属しているので、すぐに車内で使うことができます。ケーブルの長さも3.4mと長めなので困ることもなさそうです。

同じ場所に停滞する時は、ソーラーパネルもあると便利ですね。災害時にも役立ちそうです。

充電時間

ポータブル電源を車中泊で使うときに気になるのが、走行中にどのくらい充電に時間がかかるかという点です。

シガーソケットでの充電

SmartTap PowerArQ mini シガーソケット充電

12Vでシガーソケットから充電したときは、INPUT 36Wの表示でした。

取扱説明書に、付属のシガーケーブルで充電時間8.5時間と記載がありました。だいたいそのくらいの計算です。

この位の早さで充電できると、旅行の移動時などの走行中の充電で実用できると思います。

MEMO
実際に車のシガーソケットから充電した場合は、40〜42W程で充電されました。車の電圧が12V以上あるためだと思います。

ACアダプタでの充電

SmartTap PowerArQ mini ACアダプタ充電

ちなみに、ACアダプタから充電したときは、INPUT 64Wの表示です。

SmartTap PowerArQ mini ACアダプタ

付属のACアダプタは、20V 3.5Aの出力です。

AC出力は200W

ACコンセントは、200wまで対応しています。扇風機や電気毛布などは問題なく使えます。

ドライヤーは使えませんが、ヘアアイロンは消費電力が低めのものは使うことができます。女性には大事なポイントかもしれません。

SmartTap PowerArQ mini ヘアアイロン

家にあったヘアアイロンをつないでみると、60W~110Wくらいで、動作しました。

USBポート

Power ArQ miniのUSB出力はUSB-Aが2口です。

USB PD (Power Delivery)を使いたい場合は、Anker PowerDrive Speed+2-1 PD & 1 PowerIQ 2.0(出力30W)をシガーソケットに挿しておくと便利です。

シガーソケットタイプのチャージャーは、ポータブル電源がなくても車内で単体で使えるのも良いところです。

PowerArQ mini Anker PowerDrive Speed+ 2-1 PD
Power ArQ miniの評価
サイズ
(4.0)
重さ
(4.0)
容量
(4.0)
デザイン
(4.0)
値段
(3.5)
総合評価
(4.0)

リツくん

Power ArQ miniは、サイズ、容量、価格のバランスが良く、付属品も充実しているのでデザインが好みであればおすすめの製品です。