NV200 調光付きLEDダウンライトを板張りした車の天井に取り付け

調光付きLEDダウンライトを板張りした車の天井に取り付け

羽目板で板張りした天井に、LEDダウンライトを取り付けました。

電池式のランタンも手軽でいいですが、車両に照明が付いているとやっぱり便利ですね。

調光器も入れたので、好きな明るさに調光できます。

使用したパーツ

LEDダウンライト

LEDパラダイス 12V車用LEDダウンライト 3W 15LED[4048]

ダウンライトは、LEDパラダイスの12V車用LEDダウンライト 3W 15LED[4048]の電球色のタイプを6個使いました。

LEDダウンライトの色温度は4種類あるので、昼白色なども好みで選べます。消費電力は、1個あたり2.76W(13.8V時)なので、6個使っても、18W、1.5A程度です。

調光器

LEDパラダイス 調光器 DC12-24V 30A[8179]

調光器もLEDパラダイスの調光器 DC12-24V 30A[8179]を使いました。他のタイプの調光器もいくつかあります。

調光が必要なければ、ロッカスイッチでオンオフするのが簡単です。

その他のパーツ

ダウンライトや調光器の他にも、配線に使うパーツもまとめて購入しておきました。

楽天市場にも同系列のショップがありますが、一部の商品しか扱いがないようです。

電源の取り方

ダウンライトの電源は、ポータブルバッテリー、車両 (アクセサリー電源)、外部電源の3ヶ所から取れるようにしました。

ポータブルバッテリー

ポータブルバッテリー PowerArQ mini からLEDダウンライトに給電

車中泊するときは、ポータブルバッテリーを使っているので、シガープラグを使って給電します。

車両 (アクセサリー電源)

シガーソケットからLEDダウンライトに給電

日常では、ダウンライトを使うことは少ないですが、助手席の下に増設したシガーソケット(ACC電源)に挿して、電源供給できるようにしています。

MEMO
シガーソケットがない場合は、5極リレーでアクセサリー電源をつないで、シガープラグはポータブルバッテリー専用にしてもよいかもしれません。

外部電源

外部電源も取り込めるようにして、100V-12Vのコンバータも積んでいるので、キャンプ場の電源付きサイトやRVパークなど、外部電源が使える場所では、リレーで切り替わるようにしています。

キャンピングカー 外部電源入力コネクタの取り付けNV200 キャンピングカー装備 外部電源入力コネクタの取り付け

配線

ざっくりとした配線の流れは、シガープラグ外部電源の12Vコンバータをリレーで切り替え > 調光器 > ダウンライトという形です。

注意
配線する際は、適宜ヒューズを入れたり、適した太さのコードを使ってください。

別の記事でも同様の作業をしたので併せてご覧ください。

車の天井に調光付きLEDダウンライトを取り付けました車の天井に調光付きLEDダウンライトを取り付けました

パーツの設置場所

助手席の下にまとめた電源関係の部品

電源関係の部品は、助手席の下にまとめています。

調光器の加工

調光器はそのまま使ってもいいのですが、設置場所に困ったので、分解して配線を延長し、ポテンショメータ (ボリューム)だけ手の届くところへ取り付けて使うようにしました。

調光器の分解

調光器に付いていたボリュームは外して、別のものを使っています。

配線は、結果的に3m近く延長することになってしまいましたが、今のところは正常に動いています。ただ、ノイズの影響などで問題が起きることも考えられるので、延長加工はあまりおすすめしません。

他に、使えそうな調光器がないか探してみると、LED調光ユニット外部ボリューム付きという製品がありました。実際に使ってはいないので詳しくは分かりませんが、外部ボリュームになっているのでスッキリ取り付けられそうです。
注意
分解などする場合は全て自己責任で行ってください。

調光ノブの取り付け場所

調光ノブは、使いやすく邪魔にならない場所を考えて、ルームランプのすぐ近くの、天井に張った羽目板に取り付けることにしました。車内で寝るときも手を伸ばせば届く位置です。

ボリューム固定用パネルの制作

調光用ボリュームノブの取り付けパネル

羽目板には、直接ボリュームを付けられないので、アルミ板を加工してパネルを作りました。

表面は、耐水ペーパーでヘアライン調の仕上げにしてみました。

ボリューム線の延長

助手席下の調光器から、天井のノブまでをつなぐ配線は、Bピラーを通そうとしましたが、上側が抜けている場所がなさそうです。

調光器の配線延長

他に通りそうなところを探すと、助手席ドアのウェザーストリップにちょうどよい隙間があったので、そこを通しました。上下もうまく隠れるので、配線の露出もありません。

調光器の配線延長

天井のボリュームを付ける位置まで、延長した配線をもってきます。

ボリュームの取り付け

調光器のボリュームノブの取り付け

羽目板にも穴を開けて、ボリュームをコネクタでつなぎ、パネルを木ねじで固定します。

調光器のボリュームノブの取り付け

もとのノブが味気なかったので、チキンヘッドノブを付けてみました。

電源の配線

調光器から分配器まで

ダウンライトの電源ラインは、助手席の下の調光器の出力を、Aピラーを通して、Bピラーの上まで持ってきました。

以前、天井の制振、断熱をしたときに通しておいたのでAピラー経由ですが、Bピラーのウェザーストリップを通してもよさそうです。

LEDダウンライトの電源ラインの分配器

分配器につないでおきます。

分配器からダウンライトまで

ダウンライトにコネクタ取り付け

LEDダウンライトにコネクタ取り付け

ダウンライトはコネクタをつけて、切り離せるようにしました。取り付けが楽になるのと、寿命が長いLEDですが、壊れる可能性はゼロではないので、万が一故障したときも、天井を降ろさなくて済みます。

コネクタはエーモンのエーモン カプラー2極 2810を使いました。

LEDダウンライトの配線

分配器からダウンライトの位置まで配線を回します。ダウンライトの配線は、1.5mなので、届かないところはエーモンの0.2sqのコードで延長しました。

羽目板へダウンライトの取り付け

羽目板の穴あけ

羽目板に自在錐 (スターエム 36)でLEDダウンライト用の穴あけ

羽目板の穴あけは、自在錐じざいきりを使いました。

自在錐は、1方向だけでなく両面から開けた方がバリが出ず、きれいな穴あけができました。

リツくん

回転範囲が大きいので作業時は注意してください。

ダウンライトの固定方法

羽目板にLEDダウンライトの固定

ダウンライトには、もともと固定用のステーが付いていますが、羽目板にはうまく止められそうにないので、リベットをドリルで揉んで外しました。

MEMO
純正のルーフライニングに付ける場合は、ダウンライトの商品ページに詳しい取り付けの説明があります。
羽目板にLEDダウンライトの固定

ダウンライトの固定は、穴あけした羽目板の上に、固定用の下地(角材)を入れて、そこにねじで止めることにしました。

羽目板にLEDダウンライトの固定

ショートする可能性があるので、プラスチックワッシャーを入れてねじ止めしています。

羽目板にLEDダウンライトの固定

ダウンライトのカバーを戻したら完成です。

完成

調光付きLEDダウンライトを板張りした車の天井に取り付け
調光付きLEDダウンライトを板張りした車の天井に取り付け

6個をフルで点灯すると、食事や、着替えの時などに十分な明るさになります。

くつろぐときはフル点灯だと少し明るすぎるので、調光もできると便利です。

サブバッテリーを積んでいる方は、照明もつけていることが多いと思いますが、ポータブルバッテリーでも、シガープラグを使って、手軽に運用ができます。

注意
ダウンライトの取り付け、配線をする際は、安全に十分気を付けて作業してください。