【車中泊】 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方

車中泊 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方

車中泊をするときに必要になるのが、外の灯りや日差しを遮って、プライバシーも保てる、窓のシェードです。まぶしかったり、人目が気になるとゆっくり休むことができませんね。

今回は、プラダンを使って自作したシェードを紹介します。

プラダンシェードは、窓に直接空気が触れなくなるので、結露も減り、空気層があるので多少の断熱性もあります。

リツくん

耐久性もあるので、いずれちゃんとしたシェードを作ろうと思いつつ、ずっと使ってしまっています。

必要な材料

  • プラダン
  • 型取り用のビニールや新聞紙

必要な材料は、プラダンと窓の型取りに使うビニールや新聞紙くらいです。

プラダン

プラダン

プラダンとは、プラスチック製のダンボールです。ホームセンターなどで販売されています。

色は、白、黒、青などから選べますが、外から見たときに違和感がないのは黒色です。車内を明るくしたい場合は、他の色もいいかもしれません。

厚みは4mmのものが、トリムや窓枠にはめるのに収まりがよかったです。

プラダンは大きいサイズで、910x1820mmなので、購入前に窓の大きさを測っておきましょう。

窓の型取り

ビニールや、新聞紙などで窓の型取りをしていきます。今回はビニール袋をカットして使いました。

ビニールで型取り

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方 窓の型取り

霧吹きで窓を軽く湿らせると、ビニールが密着して型取りがしやすくなります。

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方 窓の型取り

プラダンは、窓枠やトリム(内張り)にはめて固定するので、窓よりも大きめに型取ります。バンの場合は鉄板に沿って、乗用車はトリムに沿ってペンで線を引いていきます。

窓が左右対称であれば、片側だけ型取りすれば大丈夫です。

MEMO
小さいとうまく固定できなかったり、光が漏れてしまうので、迷ったら大きめにします。

ビニールのカット

けがいた線に沿ってビニールをカットします。

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方 窓の型取り

薄いビニールなどで切りづらい場合は、裏面から養生テープなどを貼って補強すると切りやすくなります。あとで、プラダンに写すときも書きやすいです。

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方 窓の型取り

型紙ができました。

プラダンのカット

プラダンにカットラインを写す

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方 プラダンのカット

プラダンにビニールをあてて、位置がずれないように気を付けながら、外周に線を引いていきます。

プラダンの目方向は、気にしなくてもよいかもしれませんが、僕は、ガラスに対して縦になるようにしました。

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方 プラダンのカット

黒いプラダンに黒マジックでも特に問題ありません。

カット

線に沿って、はさみでカットします。カッターを使う場合はケガをしないように気を付けてください。ここでも迷ったら大きめにしておきます。

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方 プラダンのカット

丁寧に型取りをしたつもりでも、1発で合うことはほぼないので、窓に合わせながら大きな部分をカットして、うまくトリムにはまるように調整していきます。

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方

切りすぎると、光が漏れたり固定できなくなるので、少しずつカットします。反対側の窓は、調整したプラダンから型を取ると、時間が短縮できます。

大きな面は2分割

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方

リアウィンドウなどの大きなガラスは、1枚で作ると収納時にかさばるので、2分割にしています

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方

2枚が少し重なるようにすれば、光が漏れることもありません。

取り外し用のタブ

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方 取り外し用のタブ

プラダンがピッタリはまると外すのが大変なので、テープを貼って取り外し用のタブを付けておきます。タブがあれば引っ張って簡単に外せます。

また、どこの窓用か分かるようにメモを書いておくと取り付けがスムーズにできます。

リツくん

養生テープは切れやすいので、他のテープを使ってください。

完成

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方

ぴったり作ると、日中でも光が漏れることもありません。また、トリムにしっかりはまるので、朝起きたら外れていた、というような事もないです。

車中泊用 プラダンを使った窓用目隠しシェードの作り方

フロントガラスは、市販のサンシェードなどを使って、運転席からバックドアまでプラダンで作れば、低コストなシェードのできあがりです。

長く使うことを考えると、断熱効果の高そうな市販のシェードを買ってしまうのもよいと思います。