冬場の車中泊やシートヒーターに USBホットマットの紹介

冬場の車中泊やシートヒーターに USBホットマットの紹介

冬場の車中泊やキャンプで使える、USBホットマットを購入しました。

電源がUSBなので、モバイルバッテリーやポータブル電源につないで手軽に使うことができます。普段も、車のシートヒーターとして日常的に使っています。

USBウォームパッド

冬場の車中泊やシートヒーターに USBホットマット

購入したのは、USBウォームパッドという名称のホットマットです。USBホットマットはたくさんの種類がありますが、中でも安価な部類です。

マットの大きさ

マットのサイズは約45x45cm。車のシートに載せるとちょうどよい大きさでした。

表面の生地

USB ホットマット

表面の生地は、サラサラした感じで質感も悪くありません。ハートのキルトパターンがラブリーです。

裏面の滑り止め

USB ホットマット裏面の滑り止め

裏面には滑り止めが付いているので、シートの上でもズレにくくなっています。

電源スイッチ

USB ホットマット スイッチ

電源スイッチはシンプルなオンとオフだけのタイプで、誤操作もなさそうです。使用時は赤いLEDが点灯します。

消費電力

消費電力が約9Wでしたので、出力2AのUSBが必要になります。

USBホットマットの暖かさ

電源を入れると、1、2分で暖かくなってきます。

5V 9W程度の消費電力なので、ほんのり暖かくなる感じです。もともと車に付いているシートヒーターなどは、暑いくらいになることもありますが、そこまでのパワーはありません。

延長コードがあると便利

ケーブルの長さは90cmなので、シガーソケットの場所によっては届かない場合もでてきます。僕は、100均で買ったUSBの延長コードをつないでいます。

普段はシートヒーターとして

USB ホットマット シートヒーター代わりに

普段は、シートヒーターとして使っています。シートの上に敷くと、ちょうどよいサイズでした。

スイッチを入れると、すぐに暖かくなってくるので、車が暖まるまでの間に使っています。車のヒーターを使うと、マットの電源は切らないと暑くなってきます。

カーチャージャー

車内で日常的に使うときは、シガーソケットに挿せるカーチャージャーが便利です。

出力が2ポートあると、両席で使うこともできますね。

車中泊時はシュラフの下に

車中泊するときは、シュラフを使っているので、寒いときは、シュラフに入れたり、敷いたりして使う予定です。残念ながら、2021年度は使う機会がなさそうです。


リツくん

車中泊時に使おうと思っていましたが、普段、シートヒーターとして使えるのもいいところです。